占い教室スケジュール表 四柱推命・九星気学・八卦易学

占い教室全日程(スケジュール)

【四柱推命】(1-1とは一カ月目の一回目の意味になります)

1-1=四柱説明・五行・干支陰陽・命式表など

1-2=十干十二支・六十干支・六十干支表(資料)

1-3=命式の出し方・蔵干表(資料)

2-1=干合・支合三合刑冲害・通変と十二運・通変同士の剋しあい

2-2=五行による事象・大運立年表・大運の出し方・通変と人物

2-3=木火土金水気論

3-1=冲の作用1・2  害刑破の作用  用神の定め方

3-2=空亡について  和泉 宗章氏例題

3-3=三合会局・半会  支合について

4-1=生日木気の命1~2

4-2=生日火気の命1~2

4-3=生日土気の命1~2

5-1=生日金気の命1~2

5-2=生日水気の命1~2

5-3=通変星の性格と作用ー比劫・食傷・財星

6-1=通変星の性格と作用ー官星・印星

6-2=通変星の大過及び不及ー全通変星

6-3=命中に二つの五行が強い時。1・2・3

7-1=生日支による性格及び疾病源(十二支)

7-2=日干甲日の生まれ全般(全六日) 

7-3=日干乙日の生まれ全般(全六日)

8-1=日干丙日の生まれ全般(全六日)

8-2=日干丁日の生まれ全般(全六日)

8-3=日干戊日の生まれ全般(全六日)

9-1=日干己日の生まれ全般(全六日)

9-2=日干庚日の生まれ全般(全六日)

9-3=日干辛日の生まれ全般(全六日)

10-1=日干壬日の生まれ全般(全六日)

10-2=日干癸日の生まれ全般(全六日)

10-3=夫婦の相性鑑定

11-1=夫婦の相性を対比して

11-2=空亡の捉え方1・2・3 

11-3=大運・宅神・破宅神など 

12-1=疾病箇所と疾病論

12-2=両親との縁の厚薄

12-3=縁組に関する禁止事項  男女から見た配偶者のタイプ

13-1=大運・年運の見方1・2 気候の見方 大運における接木 毎日の運勢

13-2=家の出来る時期 生月五行による家宅運1・2

13-3=生月と生日の五行による喜忌ー卯・寅

14-1=生月と生日の五行による喜忌ー辰・巳

14-2=生月と生日の五行による喜忌ー午・未

14-3=生月と生日の五行による喜忌ー申・酉

15-1=生月と生日の五行による喜忌ー亥・戌

15-2=生月と生日の五行による喜忌ー丑・子

15-3=通変星と各柱との関係ー比肩・劫財

16-1=通変星と各柱との関係ー食傷・財星

16-2=通変星と各柱との関係ー官星・印星

16-3=通変星同士の関係・通変星同士の関係 比肩~全星

17-1=通変星同士の関係 劫財~全星

17-2=通変星同士の関係 食神~全星

17-3=通変星同士の関係 傷官~全星

18-1=通変星同士の関係 偏財~全星

18-2=通変星同士の関係 正財~全星

18-3=通変星同士の関係 偏官~全星

19-1=通変星同士の関係 正官~全星

19-2=通変星同士の関係 倒食~全星

19-3=通変星同士の関係 印綬~全星

20-1=十二運1・2

20-2=十二運と各柱の関係(12)

20-3=通変星と十二運の関係(胎・養)

21-1=通変星と十二運の関係(長・沐)

21-2=通変星と十二運の関係(冠・帝)

21-3=通変星と十二運の関係(建・衰)

22-1=通変星と十二運の関係(病・死)

22-2=通変星と十二運の関係(墓・絶)

22-3=干合・自家干合・日干が干合する場合など

23-1=格局1・2・3・4・5 編格        

23-2=格局の喜忌仇救   従格・専旺格

23-3=(1)化格 (2)禄元互換格 五行天時格

24-1=一口判断  小児感法・寿妖看命・健康看命

24-2(1)四柱全体格 (2)一気生成格 (3)一気生成格 (4)四位純全格 (5)様々な格= 生時 十二支による性格

24-3=推命神趣八法

25-1=納音十二運による性情 発病の時期及び原因 

25-2=生日干支別による危機と疾病(木火土金水)

25-3=四柱推命における生命の推察  疾病論と死期の推命

【九星気学】

1-1=吉凶論 方位哲学と方位分解 (資料)九星盤

1-2=(資料)九星吉凶表 九星本命吉凶 歳徳 大歳方 大金人 姫金神など 退気 生気 比和 死気 殺気 六大凶殺神 

1-3=一白水星 二黒土星 三碧木星 四緑木星 五黄土星

2-1=六白金星 七赤金星 八白土星 九紫火星 (家相)一白水星

2-2=(家相)二黒土星  (家相)三碧木星  (家相)四緑木星  (家相)五黄土星

3-3=(家相)六白金星  (家相)七赤金星  (家相)八白土星  (家相)九紫火星

【八卦・易学】

1-1=卦の説明(形)

1-2=乾から巽 乾から離 乾から離 兌から乾

1-3=兌から震 兌から坎 離から乾 離から艮

2-1=離から震 震から坤 震から兌 震から離

2-2=巽から乾 巽から艮 巽から坎 坎から兌

2-3=坎から坤 坎から巽 艮から坤 艮から巽

3-1=艮から離 坤から艮 坤から震 坤から坎

3-2=乾為天 坤為地

3-3=水雷屯 山水蒙

4-1=水天需 天水訟

4-2=地水師 水地比

4-3=風天小蓄 天澤履

5-1=地天泰 天地否

5-2=天火同人 火天大有

5-3=地山謙 雷地豫

6-1=沢雷隋 山風蠱

6-2=地澤臨 風地観

6-3=火雷噬  山火賁

7-1=山地剝 地雷復

7-2=天雷无妄 山天大蓄

7-3=山雷頤 沢風大過

8-1=坎為水 離為火

8-2=沢山咸 雷風恒

8-3=天山遯 雷天大壮

9-1=火地晋 地火明夷

9-2=風火家人 火沢睽

9-3=水山蹇 雷水解

10-1=山沢損 風雷益

10-2=沢天夬 天風蠱

10-3=沢地萃 地風升

11-1=沢水困 水風井

11-2=沢火革 火風鼎

11-3=震為雷 艮為山

占術の用途

四柱推命の他にオプションとして九星気学・八卦をご用意しています。

四柱推命・九星気学・八卦ではそれぞれに占う用途が違います、四柱推命では人の運勢の先天運・宿命・元命を判断する大切な勉強になります。

九星気学では人が生活する上で殆どの人が一生に一回は経験する引っ越し移転での方角の吉凶を判断する大切な開運法になります、逆を言えば知らずに凶方位に向かえばトンでもない不運に見舞われてしまう典型的な好転運学問です。

最後に八卦は四柱推命では占えない事柄を神仏に通じて占う方法ですが、特別な能力(霊感など)は一切関係なくちゃんとした心構えだけでしっかりと占えますので八卦の勉強の項目よりもむしろ四柱推命・九星気学・八卦を学びながら得る「占いの心得」が大切と言える占いです。

inserted by FC2 system